Back/Index/Next
Tactics ONE short story



ONE 〜永遠の盟約〜




by 天主華



みゅーの為に墓をつくってやることにした
やはり永遠などないと思いながら・・・

浩平「いいか、埋めるぞ」
   オレはその穴を埋めにかかる。
椎名「みゅー!」
   何を思ったか、折角埋めにかかった
  フェレットの死体を掘り出し、抱きかかえる。
椎名「みゅー・・・」
   オレは、その姿を見ながら、みさおのことを
  思い出していた。そしてつぶやいた。
  まるで自分自身に言い聞かせるかのように。
浩平「みゅーは死んだろ。すべては失われて
  ゆくものなんだ。永遠なんてないんだ」
◯◯「永遠はあるよ」
浩平「えっ!」
   振り返ると、そこに立っていたのは
  見知らぬ女の子だった。
◯◯「あなたが望むなら永遠をあげる」
   言って、オレの首すじに女の子は牙をたてた。
  永遠の盟約。永遠の盟約だ。
椎名「美夕ー!」


Back/Top/Next