Back/Index/Next
Original Novel Pochikun Presents



Bye〜snow〜


人物紹介

by ポチくん



■ 古館麗奈(ふるたちれな)

 「Bye〜snow〜」の主人公。高校1年。
 結構ドジで、学校の成績もよくないが、人の面倒見だけはいい。
 三年前、右手と左足を失い、その後古館家に引き取られた。
 何もない小さな田舎町の冬の出来事。半年前に「兄さん」の総人が古館家にやってきた。そして現在「お姉ちゃん」の杏が古館家にやってきて1週間が過ぎようとしていた。
 今までは、真由美との二人暮しの何も変哲のない、平凡すぎる程の繰り返される日常に訪れた、小さな出来事…
 麗奈にとって、その出来事は悲しい反復となって、その忘れかけようとしていた過去を…いや、忘れようとしても忘れられない悲しみが増幅させられていくのであった。
 幸せのカタチ。それは何を語るのだろうか。自分とは何か、他人とは何なのか。麗奈の失った手足がそれらを導くのだろうか。
 雪は降り積もるばかりで、まだ溶ける気配のない、寒く冷たい冬の出来事…

 「冬の空もいいけど、夏の空も綺麗だね…なんか、こうして見上げているとずっと空に向かって落ちていくみたい…」



■ 古館真由美(ふるたちまゆみ)

 作家をしている麗奈や、総人、そして杏の母親代わりとなっている。
 優しく、美人で、しかも聡明な一面を見せる人ではあるが、その言葉の節々にはたまに物思いに耽る時がある。
 
 「麗奈は麗奈の思うことを、思うようにやっていいのよ。私にはそれを見守ることしかできないけれど、麗奈…あなたは本当に、優しい子だから…」



■ 御住総人(みすみそうと)
 
 半年前に古館家に引き取られた麗奈の兄的存在で、高校2年。
 麗奈とはいつも口ゲンカをしているが、その反面、麗奈を気遣う優しい一面を持っている。

 「学校に行くんだろ?だったら早く用意しろよ」

 

■ 岩崎杏(いわさきあんね)

 麗奈の姉的存在。見た目は幼く見えるが、これでも高校三年。
 お話は、杏が古館家にやってきてから1週間後から始まる。
 語尾が「お〜」になる口癖を持っている(笑)。趣味はコーヒー収集と、釣りと、大食い…

 「うん、よろしく〜…ってさっきから気になってたけど“そーちゃん”って誰の事だお〜?」

 

■ 新庄瑠璃(しんじょうるり)

 総人の孤児院にいた頃のクラスメイト。体が弱く、入院を余儀なくされている。明るく元気な可愛い普通の女の子だが、彼女の本当の性格を知る者は数少ない。

 「ええ〜〜〜っ!もしかして、さっき“そーちゃん”が言ってた新しい家族ってキミのこと?あたしてっきり…でも“そーちゃん”にはもったいないもんっ!あたしは新庄瑠璃ですっ!これからもよろしくねっ!あんねさん!(ここまで6秒)」



■ 椎名瑞穂(しいなみずほ)

 総人の同級生で、麗奈曰く「頭が良くて、綺麗で、優しい憧れの先輩」。
大らかな性格で、誰とでも隔たりなく接する。

 「あはは、麗奈ちゃん変なこと言ってるわよ」



■ 柚姫
 
 麗奈の同級生で、友人。
 クラスではあまり親しい友達のいない麗奈だけれども、彼女とだけは仲がいい。クラスでは麗奈をよくサポートしてくれる。

 「いいなぁ〜、麗奈ちゃんはあんなお姉ちゃんやお兄さんがいて」





Back/Top/Next