Back/Index/Next
Leaf WHITE ALBUM short story



WHITE ALBUM


〜七瀬の挑戦〜

by 天主華



俺は馴染みの店である『エコーズ』に来ていた。そこで・・・

七瀬「ね、冬弥。ちょっといい。ケーキ作ってみたんだ」
冬弥「へえ・・・?」
七瀬「よかったら食べてみて」
冬弥「えっ?」
七瀬「美味しかったらここのメニューに加えてもらおうと思って。ねっ?」
冬弥「う、うん」
七瀬「どうかな・・・?」
冬弥「・・・」
   しばらく沈黙。
冬弥「・・・あんまり美味しくない」
七瀬「うそっ。そんなことないよ」
冬弥「そ、そうかな?」
七瀬「じゃあ、他の人に食べてもらう」
冬弥「他の人って?」
七瀬「そこにいるお客さん」
   ・・・おいおい。本気か。
七瀬「ね、持って行ってよ」
冬弥「え!? 俺が」
   ・・・どうやら本気で食べさす気だ。
冬弥「コーヒー、お待たせしました。こちらのケーキはサービスですので
  どうぞお召し上がり下さいませ」
○○「そ、そうですか」
   恐る恐る口に運ぶ。
   パクッ。
○○「・・・美味しくない」
   カチャッ。
   奥の扉が開く。と同時に
七瀬「そんな〜」
   情けない声が聞こえてきた。俺は声のした方に目をやる。
○○「うわぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!」

○○「お〜い、七瀬〜っ」
七瀬「えっ、なにっ?」
○○「今朝、夢の中に七瀬が出て来たんだ。しかも女のフリして。いや〜っ、
  驚いたぞ」
   バキィッッ!
   すごく痛い。
七瀬「あたしは女だ!!」
   俺は先の一撃で気を失いそうになりながらも最後の力を振り絞って呟いた。
○○「嘘だ・・・」
   ドグシィィッッ!!

                                  Fin

Back/Top/Next